読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せつないこの地球で

トクベツじゃなくても大切な今日 繋いでいたい

DEAR.2016-2017 備忘録

参戦記録 Hey! Say! JUMP 山田涼介

Hey! Say! JUMP LIVE 2016-2017 DEAR.」

2016年12月31日(土)公演と2017年1月1日(日)2部の備忘録です。

雑なメモと記憶を頼りに書いているためミスもあるかと思いますがご了承ください。いつもの事ながら山田さんについての記述が多めです。一先ずレポのみ落とします。考察(個人的感想)はDEAR. 総まとめをご覧下さい。

曲目、衣装、マイクの種類(手持ちorヘッドセット)など演出の仕方は大方両日とも同じなのでまとめて、その後に各公演ごとに気づいた(メモした)事を書いています。

尚、所々「ツアーと同様」や「ツアーとは違い」等の表記がありますが、こちらの記事を参考にして頂けると分かりやすいと思います。ちなみに引用している部分は全てこの記事から引用しています。

DEAR. 8/14 1部 備忘録 - せつないこの地球で

相当な勢いで書いたので誤字脱字等あるかと思いますがお許し下さい(気付き次第こっそり直します)。それから、思い出した事があれば随時追記しますのでご了承ください。

 

以下ネタバレ↓

 

 

【舞台構成】

今回のセットはジャニーズカウントダウンでも使用されテレビで放送されていたのでイメージがしやすいと思う。

〇メインステージ(Aステ)

 仮面舞踏会をイメージしており、赤を基調とし、淵の部分は金色。

中央に大きなスクリーン、その上にHey!Say!JUMPの文字。

上段のステージにはバルコニーがありツアー時は3階建てだったが、4階建てにグレードアップ。上からのシャンデリアも3台から5台に、バックの部分には新たに証明が追加されている。また噴水(?)も追加されている。

 

〇センターステージ(センステ・Bステ)

 丸い。中央の小さな丸と周りの大きな丸からなりドーナツ型可能。

 

〇バックステージ(バクステ・Cステ)

 長方形。一般的なバクステ。

 

〇花道

AステからBステに縦に1本。Bステから外周へ横に1本(こちらはUP可能)。外周アリで左右4箇所ずつ小さなステージがUPするようになっている。AステからBステにかけてはレッドカーペットを意識して赤くなっている。

 

〇ムービングステージ

こちらはドームのみ。BステからCステへの移動に使われる。

セトリは以下の通り↓

 

【本編】

00.Invitation(Instrumental)

ツアーと同様の物と思われる。

1人目の女の子の声が始まる。

Dear my love,

I just want you to know l'm thanking you for always being there for me .

You know you're always in my heart.

Can't wait to see you again.

Yours truly

ちなみに和訳(意訳)は以下の通り

愛しき人へ

いつも私のためにそこにいてくれて感謝してるという事を貴方に知って欲しい。

いつも貴方のことを想っています。

貴方にまた会えるのが待ちきれません。

敬具

 

ただ、この約20秒では到底9人の紹介が出来るわけもなく、コンサート仕様に新たなメロディーが追加されている。

淡い映像(白黒に近い)がメインステージのスクリーンに映し出される。メンバーが各々以下のような役回りで最初は顔より下を映して段々顔が見えるような撮り方になっている。顔が見える瞬間に歓声が上がる。(山田の歓声は安定だが、にしても今回伊野尾の歓声の大きさが去年と比べ物にならないくらいだった。)

有岡→手紙を書く

知念→手紙をロウで閉じる

高木→手紙を仕分ける

八乙女→手紙を鞄に詰める

岡本→手紙を運ぶ

伊野尾→寝てるところを起こされて慌てて手紙を運ぶ

薮→手紙を車に積む

中島→車を運転して手紙を運ぶ

山田→車の後部座席から降りて、男の子と女の子(2人とも外国人)に手紙と仮面ペンラを手渡す

そこで、その2人の子供がペンラを目に当てて首を左右にコテンと振る映像。

 

それから、2人目の女性の声に変わる。

その女性の英語がスクリーンに映画のエンドロールのように流れる。

Welcome to the most spectacular show in all the land.

You'll never see anything that is more extravagantly grand.

So do,sit back.

But be prepared to be taken to the world that you've never seen before.

'Cause tonight is the night to remember!

 

和訳(意訳)は以下の通り

世界で1番華やかなショーへようこそ。

貴方はこれ以上に贅沢なショーを見ることはないでしょう。

ですから、ゆっくりショーをお楽しみください。

でも、貴方が今までに見たことがない世界に行く準備をして下さいね。(貴方が今までに行ったことのない世界に行く準備はできましたか?)

だって今夜は一生忘れられない夜になるのだから!

 

01.Мasquerade

 衣装はカウコンの10周年記念メドレーで着用した赤いジャケットに金色のズボンに茶色のブーツ。各々メンバーカラーの羽が付いた仮面(メガネ型)を着用。ヘッドセット。

Aステ上のシャンデリアに乗って登場。下手側から 中島・岡本/有岡・知念/山田/八乙女・伊野尾/高木・薮

ツアー時は1番→間奏→大サビだったが、今回はフルで披露。2番の「本音も裏腹も〜♪」からダンスあり。2番のサビで階段に乗り、階段が下がり切った所で間奏のダンス。大サビでBステへ移動し、Bステ横の花道に広がる。

☆両日

岡本「魅惑のParty♪」のPartyの部分で投げキス。伊野尾は左目にボディシール。山田の首元のシールはEternalの「Dear.プリンセス 輝きながら 未来へ歩き出す ここから 永遠に」の英訳と思われる。

 

 

02.RUN de Boo!

手持ちマイクへ。Bステ横の花道がUP。サビでファンも踊れるような振りが付いているため盛り上がる。煽りは以下の通り

☆31日

山「Hey!×3 東京ドーム さわげ!」

有「今年 最高の1日になるよ」

 

☆1日 2部

山「Hey!×3 今日でラストだぞ 声出せ!」

有「よってらっしゃい、見てらっしゃい。皆さん最高の時間にしてやりましょー」

薮「東京ドーム 俺らが愛してやる」

伊「明けましておめでとう!」

 両日とも有岡「久しぶりだね 今夜はドームでワンダータイム」、八乙女「いくぜ東京」に替え歌。

 

 

03.キミアトラクション

BステからCステへムービングステージで移動。いのちねが手を合わせて指を1本ずつ折って握り合う(ツアー時は2人でハートを作ったり、抱き合ったりしていた)のが映ると会場悲鳴。台詞は以下の通り

☆31日

前半7人「君がNo.1」

有「みんなちがってみんないい!」

山「お前がNo.1だ!」

 

☆1日 2部

全員オリジナル通り。但し凄く気合が入っている(笑)

 

ラストの知念は両日とも「やっぱり東京No.1」

 

 

04.Viva!9's SOUL

 赤いジャケットを脱ぎメンバーカラーのベストに。Cステ。歌詞はオリジナルVer.

☆両日

薮→中島「叩いてみてよ」が「叩いてくれよ」

岡本→高木の際に岡本が高木の頬っぺをずっとツンツン。

 

☆31日

有岡のツッコミは 「情報量が少なすぎる!!」(後ろでゆとひかが大ちゃんポーズ)


☆1日 2部

薮「ナナナ〜」を「皆が好き〜」に替え歌。

有岡「それだけ!?」っとツッコンで何か言おうとするが山田に頬っぺをくにゅっとされて言えず(笑)

 

 

 05.Come On A My House

 Cステから外周の花道を通ってAステへ。上手側先頭から薮、八乙女、有岡、岡本、知念。下手側先頭から高木、伊野尾、中島、山田。

 

 

06.スギルセツナ(Hey! Say! BEST)

衣装は2014年Live With Meで着用した物と思われ、ヘッドセット。Aステ上手側から登場。サビで階段の方へ移動。上段に薮・八乙女、中段に有岡、下段に伊野尾と高木。その後大サビで薮、伊野尾、有岡、高木、八乙女の1列になり終了。紫を基調とした照明でしっとり歌って踊るBEST兄さん。モテたいシリーズをしていた時代はどこへ…。でも凄いかっこいいよ…。

 

 

07.ガンバレッツゴー(Hey! Say! 7)

衣装は2013年全国へJUMPツアーで着用したうさ耳のつなぎのリメイクで、腰に付いているバンダナ・しっぽ・胸ポケットに付いている飾りがそれぞれメンバーカラーになっている。手持ちマイク。

Bステからトロッコに乗り(上手側が中島・山田、下手側が岡本・知念)大サビの前でバズーカからうさぎの(首にメンバーカラーのハート型メッセージカードの付いた)ぬいぐるみのプレゼント。

前奏で山田「2017年も応援してね〜」

曲終わりに知念「2017年もガンバレッツゴー!」

兎に角可愛い。4人でBステに座って小さくまとまってたり、うさ耳を触って動かしていたり…ほんとにアイドル。

 

 

〇Jr.マーチング

トランペット、小太鼓、フラッグ等合計50人はいたと思う。個人的にドリル大好きなんで普通に見入ってた(笑)

 

 

08.Beat Line

ツアーでSUPERMAN~Ride With Me-2016-の時に着用した黒のキラキラした衣装でヘッドセット。Aステ中央から登場。Jr.のドリルに合わせて踊り始める。まぁ小太鼓ある時点で何かビトラ味を感じてはいたが(笑)やっぱりJUMPはこの曲好きなのだろうか?確かに盛り上がるし、激しいフォーメーションダンスの原点とも言えるから彼らにとっては大切な曲なのだろう。

 

 

09.ウィークエンダー

AステがUP。横1列になって踊る。大サビでBステへ。Aステ前の噴水とメインスクリーンの映像が連動している演出もあり面白かった。

八乙女31日「東京ベイベー」、1日2部「ドームべいべー」に替え歌。

山田「無茶ぶり空振り〜」→「みんなで一緒に踊ろうぜ」

伊野尾「無限大伊野尾です」

勿論最後の「スイートアンサー」の「アンサー」はウィスパー。

 

 

10.Fantastic Time

 Bステ。ガッツリ踊る。基本的には青っぽい照明やレイザーだが、山田の「紙一重で〜」と曲終わりの部分のみ赤い照明が使われていた。サビでは緑と青の炎がBステから噴射。個人的には、「昨日、明日、今日が巻き起こす」の所でBステの床に映し出された緑の輪が、「連鎖していく感動~」で曲に合わせて段々大きくなっていくのが好きだった。やまちねの紙一重が近すぎるのと、いのやまの大サビの歌い出しが美し過ぎて会場悲鳴。

 

 

11.We are 男の子!

Bステで歌い始め、Jr.からタンバリンを受け取る。その後外周に移動し最終的にはAステでフィニッシュ。但し、伊野尾と八乙女は次の曲の着替えのため、途中でスタンド手前にある通路に消える。Cメロの伊野尾の「I love you so much」を高木が代わりに歌うのだか、両日とも忘れて途中からしか歌えていなかった(笑)最後Jr.数名と残りの7人でタンバリンでラインダンス(隣の人のお尻をタンバリンで叩いたり)兎に角可愛いの塊。やっぱり幼稚園のお遊戯にしか見えない、沼。山田さんが有岡さんの「力を貸してくれあぁ〜!」の所でうりゃーーー!!って感じのポーズしててほんとに楽しそうだった。

 

 

12.今夜貴方を口説きます

八乙女「東京ドームの皆、口説かれたい顔してんじゃん?」

伊野尾「なら、今夜も口説きますか~!」

衣装はツアー時と一緒。マイクもツアーと同様スタンドマイク。CステからBステへムービングステージ。八乙女さんが始めからサングラスを掛けていた。
☆1日 2部

伊野尾「全身濡らしてあげる」→「全身…濡れてんだろう」

八乙女「左から抱きしめる」→「左からギュー(≧ω≦)←こんな感じの顔」

伊野尾「右から砕かれる!」

八乙女「じゃあ、みんなで伊野尾を口説きます!」

 

 

13.From.

 Aステの上段から階段、大サビで下段へ。衣装は去年のカウコンで京セラから中継した時に着たメンバーカラーのキラキラした物にタスキが追加されている。手持ちマイク。それぞれメンバーカラーのベストを着たちびっ子Jr.がハートのバルーンを持っていて、その子達の隣で歌う。曲終わりに、1列になってJUMPは下手側へ、バルーンを持ったJr.は上手側へ移動する。

☆31日

サビで山田が高木の肩を抱き、高木は何故か遠慮がち(Jr.みたいな対応)で会場悲鳴。


☆1日 2部

1列で移動する時に、(八乙女担当の)黄色のJr.と入れ替わりJr.に混ざって踊る。(凄く面白かった)

最後は下手側から伊野尾、薮、岡本、高木、山田、有岡、八乙女、中島、知念の順に並んでフィニッシュ。

 

 

14.愛のシュビドゥバ

ヘッドセットへ。Aステから大型トロッコ(馬車)に乗って外周へ(Cステ前まで移動)。上手側トロッコに薮・八乙女・山田・岡本、下手側トロッコに知念・中島・有岡・伊野尾・高木。山田さんは「君が大好きだよ、Love for you」の部分で指でハートを作っていた。

ペンラで踊れる振り付けがあり、間奏で八乙女の「内外(うちそと)×4、4回回す〜」という指導の元で踊る。その後八乙女の褒め言葉は

☆31日「お上手!」
☆1日 2部「皆さん、星三つ!」

 

 

 

15.Magic Power

馬車。手持ちマイクへ。岡本が「JUMPコール聞かせて下さい!」と煽る。山田「不思議溢れる~不可能なんてきっとないよぉ〜知念!」と知念の方を指差し。

 

 

16.真剣SUNSHINE

 馬車から降りてAステへ。

伊野尾「皆を独り占めさ」に替え歌。

「馬鹿みたいに好きだ」の後に山田の顔がUPで抜かれる

☆31日 口を尖らせてチュッチュッ顔
☆1日 2部 手はアイーンみたいな感じで口をひにゃりと曲がらせる(伝われ) 

もちろん最後はセルカ棒で自撮り。1日は曲終わりで山田が自分のマイクで有岡の目を隠して「プライバシー保護」みたいな感じでありやまワールドが広がってた。

 

 

◎MC

DEAR. 12/31 MCまとめ - せつないこの地球で

 DEAR. 1/1 2部 MC まとめ - せつないこの地球で

 

 

17.My Girl

私のメモ「2番AステUP」のみ(笑)。それだけ見入っていたという事だと思う。演出の変化はこれだけなので、詳しくはDEAR. 8/14 1部 備忘録 - せつないこの地球でのMy Girlの所を読んで下さい。気持ち悪いくらいに語ってるので(笑)。個人的に1番の「いつまでもshe's my baby 」の振りと間奏の交差する振りが特に好きです。本当にソロアングルでフルでBlu-rayで見たい!!

 

 

18.僕とけいと

衣装はツアー時と一緒、手持ちマイク。 Jr.はピンクと緑のポンポンを持ってダンス。BステかムービングステージでCステへ。こちらもツアー同様ダンスレッスンあり。最後はCステから上手側のトロッコに仲良く2人で乗ってBステへ。岡本が知念を後ろから抱きしめていて会場悲鳴。

岡本「知念、これからも宜しくね!」

知念「うん!」

あぁ、2人の天使が会場をピンクと緑の幸せで包まれているよ……

 

 

19.Chiku Taku

衣装など含めツアーと同様の演出。八乙女さんメガネ着用。それにしても伊野尾さんのピアノからのやぶやまのアカペラからのバンドの激しさのギャップ。後半戦の1つの山場が始まる素晴らしい演出だと思う。

1日のChiku Taku事件についてはこちらに詳しく書きました↓

元日のChiku Taku事件 - せつないこの地球で

 

 

20.Your Seed

バンドVer.Aステで炎がバンバン上がる。そして!ラップが追加されている!


凄い今のJUMPにぴったりの詞で31日は呆気に取られて殆どメモ出来ず…1日に頑張ってメモしようと思ったのだが、なんせ早過ぎる!!Chiku Taku事件の早口の比じゃないくらいに早い(笑)

辛うじて分かった範囲(正確とは言いきれません!)だけ書くので、どなたかご存知であれば教えて頂けると嬉しいです。(これが人間2人の限界でした)

有岡「?? 過ぎてゆく oneday あの日 あの時代 描いた夢は未完成」

知念「例え選んだ道が不安定でも ???走り続けるMy way 」

薮「もう何も怖くない だって今さら失うものは無い」

数人「Let's get start it ???憧れた明日に手が届くまで」

Hey!Hey!……(バンドの見せ場中の煽り)

JUMP!JUMP!

Hey!Hey!……(煽り)

有岡「そう、全部自分次第。君と約束した未来信じたい Let's ride! Come on!

JUMP「ここではない〜♪」(通常に戻る)

とにかく「Everybody JUMP!」って煽られて炎とか水とか、バンドの音で盛り上がる。アルバムを引っ提げてのツアーで昔の曲をやる事に対しては賛否両論あると思うが、こうやってリメイク(?)することで、また新たな捉え方が出来て私は面白いと思った。

 

 

21.GIFT

 Aステ上段、下段。Jr.はバルコニー。

イントロ流れた瞬間、涙。

そしてメンバー全員にソロが来るように変更されてて、さらに涙。

歌い出しから、知念→山田→有岡まではCDの歌割り通りだが、

伊野尾「1つひとつ開けてゆく~みたい」(本来は高木)

岡本「時は過ぎるものじゃなくて」(本来は八乙女)

に変更され、Cメロも

中島「もどかしい~本当の気持ち」(本来は有岡)

薮「澄んだ瞳の~見えた」(本来は八乙女)

高木「世界で1人1番大切な人」(本来は山田)

に変更し、9人全てにソロがある!!それも1番いい所が高木さん!!正直、山田担としては山田さんの大サビの歌い出しが大好きで聞きたかったという気持ちもあります。でもツアーの「Eve」の代わりと考えるとこの歌割りは大正解だったと思います!!

大サビは振り付けが付いており、「変わらない想いを集めて」の「想いを」の所で私の大好きな山田さんのチェストポップ(胸を突き上げるような振り)があって軽率に死亡。

 

 

22.Mr. Flawless

PVの一部が流れ、3人が上手側から馬車に乗ってCステ手前まで移動。ヘッドセット。そこで馬車から降りてバラの花束をあげる。

31日は薮・中島は自分の担当の方に、高木は後ろの方に投げる。1日は薮は男の子に、中島・高木は自分の担当の方に、高木は最後に頭をポンポンしてあげてました。最後はトロッコに乗りBステへ。それにしてもほんとにスタイル良過ぎる御三方。

 

 

23.SUPERMAN

曲前の映像はツアーと同様の物と思われる。緑のレーザーや噴水、炎が後半戦最大の見せ場の始まりを告げる。

衣装は新しく作られたもので、白と金を基調としている。もちろんヘッドセット。ツアーの時はシャンデリアに乗って登場し大サビから踊り始めたが、今回はAステ正面から登場し、全て激しいダンス付き。サビでシャンデリアから火の粉、大サビで花火が上がり、Bステへ移動。間奏のダンスに腰回しがあり山田さんが抜かれる。曲終わりの腰回しは八乙女さんが抜かれていたと思う。

 

 

24.Give Me Love

 Bステ。基本的には青の炎がBステから上がるが、「溢れ出してく」の時だけ赤い炎、「Give Me Love」の時は緑の炎が上がる。あれだけSUPERMANで踊ってるのに歌い出しの山田さんの歌声は圧巻。そして本当にダンスが綺麗。Fantastic TimeやBeat Lineとはまた違ったダンスの美しさ。それにしても、山田さん「果てない」の歌い方のレパートリー多すぎでは?(笑)

 

 

25.Ride With Me-2016-

ツアーと同様BステがUPし回転する。これもまたダンスが更に良くなってるんだ。瞬きしたらもう変わっているフォーメーション。少しでもズレるとぶつかる大人数弱点を見事に逆手にとってくれたなと。そして山田さんの「光のないこの世界を〜」がまた美しいし、儚い。何が凄いって激しいダンスの3曲目でこれだけの歌声を届けてくれるって事。

それから、この曲だけまるでJUMPだけを見ろと言わんばかりにAステのメインスクリーンが真っ暗になっていた。

 

 

26.School Girl

Bステからトロッコや花道を使いCステへ。

これがまた幼稚園のお遊びの時間かな?あれ、さっきお遊戯会でタンバリン見たばっかりなんだけどな?20歳越えて揃いも揃ってこの可愛さを提供出来るのはこの9人以外にいない(断定)。

Cステでりょうすけくん(5歳)を囲んで、かごめかごめ始めたんですよ(号泣)。わいわいして回りながら所々で足あげたりして…私は何を見させられているんだろう(頭抱)

☆31日

りょうすけくん(目を両手で隠しながら)「見えないよぉ〜だれだよぉ〜(幼稚声)」

メンバー「後ろの正面だぁ〜れだっ!」

りょうすけくん「ちねん!」

正解はだいきくん(5歳)でした(笑)

その後、機嫌が悪くなっちゃったりょうすけくんはだいきくんをじーっと睨んでいましたが、ラインダンスからはご機嫌でした(笑)

 

☆1日 2部

メンバー「後ろの正面だぁ〜れ!」

涼介君「ゆうや!」

正解は光くん

光くん「あはははは!あはははは!(野太い声)」

笑いすぎてその後光くんはラインダンスに遅れてしまいました(笑)

 

 

27.AinoArika

 上着を脱いで手持ちマイクへ。各々花道に散らばる。イントロで山田煽り。

☆31日「Hey!×3東京ドーム!ラストスパートだぞ!最高潮に声出して行こうぜ!」

☆1日「Hey!×3東京ドーム!ラストスパートだぞ!声が枯れるまで、最後まで騒げ!」

サビで花道途中のステージが各々UP。

 

 

28.キラキラ光れ

 花道。(この辺りから疲れてメモ少なめ)

 

 

29.明日へのYELL

 花道からAステへ。

 

 

30.Dear. (ここ山田さんの挨拶があるので相当長いです)

この曲を歌う時のJUMPの姿と、それを優しく見守るような客席…本当に幸せで溢れてるなと感じました。

 DEAR.は来年のHey! Say! JUMPも楽しみだなと思える、1年後に読み返すとその本当の価値が分かる手紙。

DEAR. 考察 - せつないこの地球でより

まだこれを書いてから半年も経っていませんが、10周年ではなくあえて9周年でこの「DEAR.」を届ける意義が分かったような気がしました。アイドルとファンの間にある愛は「親愛」なんだろうなと。親愛って凄く強い愛だと思うんです。恋愛のように冷めることもないし、お互いの信頼の上に成り立つ関係だと思います。だから、この曲「Dear.」本当に大好きなんです。メンバーの優しくも力強い歌声を聞くと、本当に嬉しいです。ほんっっっとにいい顔してるんですよ彼ら(誰目線)

個人的には山田さんが他のメンバーが歌ってる時にゆらゆら左右に揺れてるのが何とも言えず(高身長のやぶゆとに挟まれているという事もあり)天使だなと(贔屓目MAX)

 

さて、Dear.の曲の素晴らしさを語るのはこの位にして山田さんの挨拶に参りましょう。31日は1人だったので若干不安ですが、1日は2人だったので結構語尾まで正確にメモ出来ているはず。ちなみに手書きメッセージの「From.Hey! Say! JUMP」はツアーと同様岡本さんの字だと思います。またその時バックに真剣SUNSHINEで自撮りした写真が映ります。

 

☆31日

山田「え〜、皆さん本日は本当にどうもありがとうございました。楽しかった人!」

客席\はーい!/

山田「JUMPのこと大好きな人!」

客席\はーい!!/

山田「では聞こう。この東京ドームにいる皆のこと大好きな人!」

JUMP\はーい!はい!はい!/

八乙女「はぁ〜〜〜い!!!」

山田「はい、ありがとうごさいまーす(低め)……いやぁ、この景色はやっぱり凄いですよ。……本当に素敵な景色です。2016年本当にJUMPにとっても個人個人でも活動の場を与えて貰ったなと。JUMPでも個人でも活躍できた年でした。こうして活躍する場を与えて頂けるのもファンの皆さんがいつも僕達のことを支えてくれるおかげです。本当に感謝しております。そして、来年、2017年、僕達Hey! Say! JUMP10歳になります!……10歳になります(ちょっと嬉しそうな可愛い声)」

薮「何で2回言った?(笑)」

山田「反応よかったから、何か嬉しかった(ニコニコ)」

中島「小3みたいだね」

JUMP・客席\優しい笑い/

山田「2017年、特別な年ですね。僕達にとって特別な年ということは、ファンの皆にとっても特別な年になるんじゃないかなと思います。デビュー当時から応援してくれた人も、最近Hey! Say! JUMPを好きになったよって方もいると思います。それぞれ2歳、3歳、10歳と皆さん歳があると思います。それぞれの年齢はわかりませんが、皆さんは僕達の事を祝ってくれて、そして僕達は皆さんをお祝いしたいと思います。これからも沢山の幸せを分かち会えたらなと思います。今年も温かく支えて、見守ってくれてありがとうございました。2017年、10周年、20周年……30周年も(ニコッ)、この先もずっとファンの皆と歩いて行きたいと思っております。2017年もHey! Say! JUMPのことをよろしくお願いしまぁす!

 

山田さん手書きメッセージ2016Ver.

今年は皆がいてくれたから

色々と経験させてもらった

来年は皆で見たことのない景色を見に行こう。

今年も沢山の愛をありがとう。

これからも愛を育んでいこうね。

愛してる。

From.Hey! Say! JUMP

 

 

☆1日 2部

山田「皆さん、本日は本当にどうもありがとうございました!楽しかった人ー!」

客席\はーい!/

山田「JUMPのこと好きな人!」

客席\はーい!!/

山田「じゃあ、JUMP諸君に聞きます。ここ東京ドームにいるHey! Say! JUMPのファンの皆のこと好きな人!」

JUMP\はーい!はーーい!はい!/

八乙女「ウワチャー」(カンフー風の動き付き)

伊野尾「ニーハオ…もう終わりました」

山田「以上ですね」

伊野尾「以上です」

八乙女「ハハッ」

山田「さぁ!まずはChiku Taku本当にすいませんでした!!」

伊野尾「ごめんなさい(語尾に♡付けたくなる感じの)」

薮「すみませんでした」

中島?「ライブっぽくて良かった」

山田「まぁ、何があるか分からないのがぁ、ライブだよねぇ(笑)(可愛い声)」

有岡「だから、ライブは辞めらんないよなぁ!」

中島「いや、でも皆さんが優しい目で見て下さったから」

薮「うん、楽しかった」

伊野尾「すいません、本当に」

山田「…こんな僕達ですけども、今年なんと10歳になるんです!」

客席\拍手/

山田「ありがとうございます。まぁ、今日のChiku Takuの事もそうですけども、何か本当に日頃からファンの皆様に支えられてるなと言うふうに思って感謝しております。ここから見える景色本っ当にすごい綺麗なんですよ。よく見えてますよ……この景色を見せてくれるのは皆です。僕達も皆に皆が見た事も無いような景色を見せたいなというふうに思っております。10周年ですけれどもあくまでも通過点だなと思っております。もちろん、僕達にとっても、皆さんにとっても特別な年ですけれども、僕達と皆の人生において10周年は通過点であって…この先もずっと一緒にいてくれるんでしょ?(ちょっと高めの可愛い声)

客席\フゥー(イェーイ)/

山田「一緒にいてくれるんでしょぉ?」

客席\イェーイ!/

山田「(力強い声で)だったらまずは!(優しい声に戻って)2017年10周年という特別な年を皆で楽しく過ごしましょう。僕達ももっともっとファンの皆とより近い距離で一緒楽しめる場を作って行けたらなと今年は特に強く思っておりますので、楽しみにしていて下さい。皆さん本日は本当にどうもありがとうございましたぁ!

最後の最後ステージが下がる途中で

山田「今年もよろしくお願いしまぁーす!」

 

山田さん手書きメッセージ 2017年Ver.

ついに2017年

今年 僕達は10歳になります。

僕達にとってもファンの皆さんにとっても特別な年になるね。

皆が見せてくれる笑顔が本当に大好きです。

10歳になっても 20歳になっても ずっとずっと一緒に笑い合っていきたいなっ。

今年もいつも以上にはしゃごうね。

愛してるよ。

From.Hey! Say! JUMP

 

 

 

 

 

【アンコール】

☆12/31公演

アンコール

1.Dreams come true 

2.Chau#

3.愛すればもっとハッピーライフ

この日は1人で参戦した為、山田さんの挨拶をメモするのにエネルギーを使い果たし、曲目のみしかメモしていませんでした……まぁ、いつも通りのアンコールです!(雑)

 

すみません、嘘です。少しだけですが書きます。

アンコールは馬車にHey! Say! 7とHey! Say! BESTに分かれて乗り、どちらも下手側から登場。ツアーTシャツの下にメンバーカラーの下着。サインボールあり。Chau#で山田さんが「僕じゃない恋には〜」の所で他の3人が「フゥー」と合いの手を入れていたのが最高級に可愛かったのは覚えてます。

 

最後の薮さんの挨拶(ニュアンス)

「2016年あと数時間ですね。今年こんなに幸せで、来年はどうなってしまうんだろう…皆さん覚悟しておいて下さい!幸せにしてやるから、覚悟しておいて下さい!」

八乙女さんハケ際に「2016年、ちょっと早いけどお年玉やるよ」と言って投げキス。

 

 

☆1/1 2部公演

〇アンコール

1.Baby I Love You

今日歌わずいつ歌うんだという曲ですね。本当に楽しそうに歌ってました。CDより高音のハモり声が大きかった(笑) 大サビの高音は中島さんだったと昨日初めて知りました。

 

2.Chau#

曲自体が可愛いのに、Hey! Say! 7の4人がまたくっつくもんだから会場から悲鳴が止まない。この日は山田さんは黒のニットにメガネを少しずらして掛けていて、何処ぞの女優さんだよってツッコミたくなりました(笑) 「僕の手で溶かしたぁぁ〜い」は凄い長めで、最後の「甘フワな時間を君と」は歌わずにサインボールにキスをし投げてました。

 

3.愛すればもっとハッピーライフ

とにかくJUMPがふざけ過ぎて、メモ魔泣かせでした(笑)

知念「東京ドームで見つけた 素敵な皆さん!」

山田「東京ドームで見つけた 素敵な皆さんがきだからぁ」

中島「東京ドームで見つけた麗しい皆さんが大好き」

八乙女「東京ドームで見つけた みんながぁ あっ〇✕ おっ△好き 好き 好きぃ〜」

で、やってくれたな薮さんよ(笑)。自分のパートになっても歌い始めず途中から「見つけたみんなぁが好きぃ 」と歌い始めるも、もう既に高木さんのパートを侵食しており

高木「俺のパート!とるなよぉ!」

そっからはもう、有岡さんと伊野尾さんも何か色々言ってたんだけど他のメンバーも色々騒いでて何が何だか…サビからは普通に戻るが、ほんとに幼稚園は卒園したけど中学生の昼休みで止まってるよJUMPくん(笑)

 

曲が終わりBステにいる9人、ジャニーズJr.の紹介の時にJr.のいるAステに向かってお辞儀、土下座するメンバー達(笑)

「大変お世話になりました」「気をつけて帰ってね〜」「最高のステージを作ってくれてありがとう」とか言ってた。そんな自分たちを「JUMP良い子」って自画自賛。その後「俺たちがHey! Say! JUMP!」で銀テ

 

薮さん挨拶(ニュアンス)

「皆さん本日は本当にありがとうございました。あのぉさっき山田も話してたんですけどChiku Takuでキーが違ったのがあったじゃないですか。そのミス自体は仕方ないんだけど、(仕切り直して)山田が歌い始めた時に自然と拍手が起きたじゃないですか。あれ本当に嬉しくて、本当に皆のことを誇りに思えた瞬間でした。皆のこと誇りに思う!いつも集まってくれて、今日だって元日よ。ほんと僕達皆のことを誇りに思います。だから今年もっともっと誇りに思ってる皆のことを1人ひとり幸せにしなきゃいけない宿命があると思ってます。2017年は1人ひとりにもっと思いを伝えられるように、グループとしてももっともっと高みを目指したいと思います。高みを目指すということは、高みに行く時は皆も一緒ですからね」

客席\お〜(拍手)/

「だから、これからもHey! Say! JUMPをよろしくお願いします」

 

 

〇ダブルアンコール

1.Romeo&Juliet

 ステージに出てくるも1人足りない事に気付き恒例のケイティーのくだりへ(笑)

人数確認のために順番に「1!2!3!…」と数えるJUMPくん(また幼稚園に戻ったのかな?)

会場\ケイティー(ケイトー)/

と呼ぶとバルコニーにケイティー(圭人が金髪のカツラを被ってチーク?してる)

ケイティー「ケイティーでぇーーす(超高い声)。Hey! Say! JUMPの年末年始東京ドームコンサートあるわけじゃない?ケイティーねもう1曲聞きたいなって」

客席\キャー!!/

ケイティー「自分で何言ってるか分からないんだけど」

メンバー「いやいや、自分でまとめて(笑)」

ケイティー「ケイティーはもう1曲聞きたいの。でもぉ東京ドームの皆はどうかな?」

客席\聞きたーい!/

ケイティー「えー嘘だぁ、ほんとに?」

客席\ほんとー!/

ケイティー「ケイティーと一緒!?」

客席\一緒~!/

ケイティー「もう一回聞きたいよね?」

客席\聞きたーい!/

(カツラをとって)圭人「しょうがねぇな、Romeo&Juliet!!!」

 

曲はじめの有岡「僕もロミオやらせて貰ってます」に替え歌。

知念「I LOVE 東京ジュリエット!」

伊野尾「俺はマイケル!」

中島「俺はトム!」

有岡「俺はステファン!」

 

2.Dreams come true 

 「初夢見ようぜ〜」の煽り。

「手を伸ばしてごらん〜」はファンが歌う。

 

最後にもう1度「俺たちがHey! Say! JUMP

最後ハケ際

山田「2017年もHey! Say! JUMPをよろしくお願いしまぁす」

伊野尾「生まれ変わっても会いに来るよ」

高木「オアイニー(いつもの)」

有岡「きっとまた導いてくれるよね」

知念「今日の夢に出るから」

?「ちょっとホラー(笑)」

中島「最高の時間をありがとう!」

八乙女「じゃあ、俺のポッケの中に入ってるお年玉あげるよ。カメラさんカモン!」(投げキス)「これで皆の心を鷲掴み、トリだけにね!ばいばーい!」

 

以上です!

最後までお読み頂きありがとうございました!