読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せつないこの地球で

トクベツじゃなくても大切な今日 繋いでいたい

「革命前夜」か…

Hey! Say! JUMP17枚目のシングル「Fantastic Time」の音源をラジオで聴いた。歌詞はもちろん「タイムボカン24」の主題歌なのでその内容を意識したものになっているが、私はHey! Say! JUMPの曲として捉えるという前提で思った事を書きます。

「ランウェイを歩いて一切合切忘れて今日だけを楽しんでみて」

彼らは未来への希望や夢を与えているのに、彼ら自身のアイドルとしての未来は実に不安定で儚い。だからこそ「アイドルは今が全て」と言わんばかりのこの歌詞に惹かれた。悲しいほどにアイドルだなと。そして、10周年の開けに

「革命前夜の覚悟」
「信じて 愛して 感じて 夢見て」

涙が出た。3年前「今すぐにRide With Me」と言われ列車なのか宇宙船なのか分からないがHey! Say! JUMPという乗り物に迷わず乗った。彼らなら新しい景色を見せてくれると思ったから。私の中ではその時から既に「革命前夜」は始まっていた。彼らを信じて、(ファンとして)愛して、彼らの意思や葛藤を感じて、そして彼らの時代が来るのを夢見て応援して来た。

だから、聴いていてソワソワするしワクワクするしゾクゾクする。シングルとして久しぶりに(Ride With Me以来)強いメッセージ性のある曲だと思う。

3年前の選択に間違いは無かったと彼らは証明してくれるのだろうか?

最後にラジオの音源と、10月1日に放送が開始された「タイムボカン24」のオープニング映像を参考に現時点で分かっている部分を文字起こししてみた。

信じて 愛して 感じて 夢見て Ready…Go!! ×4

Runwayを歩いて 一切合切忘れて

今日だけ楽しんでみて

絶対な未来も きっと変えていけるから

重量なんてモンは捨てて

気付けば誰も彼もが 大事に作られた世界で 現実味をなくしたら

そうさ 英雄になれずとも 輝くトキメキを纏って 冒険できる このFantastic

昨日 明日 今日が巻き起こす連鎖していく感動and革命前夜の決意を持って

Oh 目くるめく時空(とき)を知る 歴史(ロマンス)の向こうで どんな時代でも未来探す

Oh 遠くまで 遠くまで 希望の星続く どんな夜空も 照らしてる

Fantastic time 楽しんで 

Fantastic time 夢を見て

Fantastic time 変わるのさ 

Fantastic time

Fantastic time 突き進め 

Fantastic time つかみ取れ

Fantastic time この瞬間 

Fantastic time

だんだん歴史を紐解いて

だんだん未来広がってく

だんだん君に近づいてく

だんだん未来 塗り替えられる

紙一重で出会えたら きっとそれは奇跡のような

Fantasticな偶然で最高の真実だから

だから

信じて 愛して 感じて 夢見て Ready…Go!! ×2

Oh 目くるめく時空(とき)を知る 歴史(ロマンス)の向こうで どんな時代でも 君を探す

Oh 遠くまで 遠くまで 希望の星続く どんな夜空も照らしてる

繰り返し